2013年03月04日

Cry For The Nationsが出た時

すぐにチェックした。
で、音楽学科の連中とボウリングしていると、この曲が流れてきた。
俺はみんなに「この曲は絶対ヒットする」と公言した。
で、世界中でブレイクしました。


後日「俺のセンスは確かやろ!」と自慢して、みんなからウザがられたのは言うまでもありません。
sin_geidai.jpg
「音楽的センス」これは、ピアノレッスンの時、先生が「あなた指はよく回るけど(速く弾ける、ってこと)ピアノの音になってないわね・・・でも、音楽のセンスは認めます」と言われたことがある。

俺は、中学生の頃、エレクトーンを改造してハモンドのような音が出るようにして遊んでたのよ。だから、タッチが鍵盤の底まで届いてなかったんだな。2年くらい練習しまくって克服しましたけど。

チェロの先生(大阪フィルハーモニーの先生)にも、「俺がおまえほどのセンスと体格してたら世界一のチェロ弾きになってみせるわ!」て叱られたことがあった。チェロは、副専攻だったのでバンド練習を優先してたんで単に練習不足あせあせ(飛び散る汗) ごめんなさいバッド(下向き矢印)

*余談*
エレクトーン・・・これはYAMAHAの商品名です。正しくは電子オルガン。そして、ハモンドは電気オルガン。発音の方式が違うのよね。ハモンドなんて、高くて買えませんでした。カワイの電子オルガンは「ドリマトーン」、テクニクスのは「テクニトーン」・・・etc.

エレクトーンの鍵盤はスイッチなわけで、鍵盤を介して接点が触れると音が出る。だから、鍵盤をなぞるだけで音が出るんです。しかし、ピアノはタッチで音を作る。
パットメセニー・グループのライズ・メイズが「一番音色が豊富なキーボードはどれですか?」と聞かれて、「ピアノだ」と即答してた。

posted by 睡蓮 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

友達が快挙!

今日は、お雛様(^ ^) と云うことで、練習もそこそこにビリヤード大会でした。

遠く九州では、盟友のバンド「泥酔シスターズ楽団」がNHKのバンドバトルで準グランプリ獲得!の嬉しいニュースが入った。
おめでとうございます。
iphone/image-20121109001400.png

睡蓮も、しっかり練習して、いいオリジナル曲を書いて行きます。
そだ、宿題のアレンジもやらなくちゃ!

SIN




posted by 睡蓮 at 23:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

わたしのプライド

恥ずかしながら、わたしは最近まで、洋楽をほとんど聴かないできました。
それがわたしのコンプレックスでもありました。
その、何も知らなかったわたしが作った過去のオリジナル曲(これはわたしが歌メロからバックアレンジ、全て作ったものです)を聴いたSINが「えっ!?この曲を、ユーライアヒープもパープルもレインボーも知らんで書いたの?それって、逆にすごいことやで」
と言いました。


今、60年代後半〜70年代ロックを聴けば聴くほど、本物のロックと言うのはこう言うことかと、圧倒的な本物の格好良さにうちひしがれています。
そして、今、70年代ロックを知れば知るほど、以前在籍していたバンドのオリジナル曲のバックアレンジが、リッチーブラックモアズ・レインボーに似ているなんてレベルではなく、ほぼ同じだと言うことに気づきました。
ものには限度があるだろうと…影響を受けただとか、片鱗が見えるなんてものではない、パクリと言われても仕方のないレベルでした。正直、とてもショックでした。

そのパクリのアレンジを、平気でオリジナルを作曲した(そもそも作曲ではありませんが・・・)、と言える神経は…わたしには理解できないのです。
何も知らない、わたしだったからこそ、そこに歌メロをつけられたのでしょう。

「作曲」とは、歌メロを作ることを指すのだと、プロの方に指摘されました。そして、バックアレンジを作る人を、アレンジャーと言うのだと。わたしは今まで、バックアレンジを作曲だと勘違いしていたのです。

わたしは作曲者として、今まで作った歌メロを残したい。パクリではない相応しいアレンジを施して、蘇らせて欲しいと、SINにお願いをしました。

ここに書く事かと迷いましたが、本気で音楽をやっている、わたしの譲れない心情として綴りました。

KUMI
posted by 睡蓮 at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。