2013年02月25日

ライブ、満員御礼!

ライブBAR、ページワンのライブは立ち見のお客さんが出るほどの盛況ぶりでした。

image-20130225062053.png

対バンの皆様、お疲れ様でした。懐かしい昭和歌謡を楽しませて頂きました。
また、多数ご来場の皆様、ありがとうございました。
お店のマスターに、また演ってよ!と温かい言葉を頂きました。感謝しています。

ステージのバックが素晴らしかったので、その前で記念撮影(^^)
image-20130225062223.png

とっても楽しい夜になりました。

打ち上げは、余韻を楽しみながら反省会でした。
iphone/image-20130225062537.png
セットリスト
グラマラススカイ
夜を駆ける
一番綺麗な私を
Scarbrogh Fair

暗い部屋
月のしずく
ババロア
木馬
オハイオ

posted by 睡蓮 at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

URIAH HEEP -- ...Very´eavy Very´umble... -- 1970

Uriah Heepのデビューアルバム。
IMG_1638[1].JPG
正式メンバーのドラムが居ない状態で、よく出来たと思います。このアルバムは当時から聴いてるけど、未だに飽きません。
1曲目のGypsyのイントロから強烈です。
このハモンドの音を「正しいキーボード」と呼んでいます。やっぱ、この音でしょ!!

KUMIの前のバンドもドラムで苦労したらしいけど、人の言いなりになるドラムなんておらんわな。。。
バンドは、個性のぶつかり合いが素晴らしい音楽を産んで楽しいのですよ!曲のグルーブを掴んで、その人なりに解釈してどう叩くか!?これがバンドのドラムと言うもの。

Heepはギターのミックとキーボードのケンのぶつかり合いが、ビートルズではジョンとポールやしね。

ようやくHeepの見つけたドラムはナイジェル・オルスンやったけど、すぐにエルトン・ジョンに引き抜かれてしまう。で、サードアルバムまで、正式ドラマーの座は不安定なまま。。。

フルアルバム


SIN


posted by 睡蓮 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

YES

「YesSongs」このライブアルバムは、予約した。内容は強烈でした。
image-20130223083502.png
まさか、Yesサウンドがライブで再現できるものだとは考えて居なかったからです。

Steve Howe - Mood for a Day
この曲は、高校生の時にコピーしました。今でも、弾けるで。


このスケールのでかさ・・・好きです。

posted by 睡蓮 at 09:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

わたしは、どうやら・・・

スライド・ギターが好きなようです。
Uriah Heep「Tears in My Eyes」(瞳に光る涙)


外道「香り」


Jimi Hendrix Experience「House Burning Down」(焼け落ちた家)


The Allman Brothers Band「Statesboro Blues」


黒ハートKUMI黒ハート


posted by 睡蓮 at 07:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ディッキー・ベッツを知ってるかい?


image-20130222043922.png

言わずと知れた、オールマン・ブラザーズバンドのギタリスト。

ブラザーズ&シスターズはサザンロックの名盤中の名盤。
image-20130222043859.png
先日、ライブを演ったお店の名前はここからとってて、店内にはこのアルバムが飾ってあります。
名曲「ジェシカ」と「サウスバウンド」は大学一年生の時に芸大の学園祭で演った。
彼のギターソロとスライドギターは今尚、俺のギターソロに大きな影響を与えています。

この芸大バンドのメンバーのうち二人は、現在、日本の音楽シーンを支えるミュージシャンになっています。

SIN


posted by 睡蓮 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。